国産松茸で遊ぶ!

食文化で色々やってる井上です。

先日、鱧と松茸のしゃぶしゃぶがいかに美味しく簡単かを書かせて頂きました。
その時の松茸が一晩では手べきれず、翌日に持ち越しとなりました。

松茸は最高に美味しい食材ではありますが、
同じ料理を連続で食べると、やはり1度目ほどの感動は無いもの。

で、2日目は遊びます。
昨日で大満足してるので、思い切った事もしてみます。

1476411892313
まずは、すき焼です。
「えっ!松茸の香りが無くならないの?」と良く聞かれますが無くなりません。
松茸の旨みと香りは、すき焼でもハッキリと自分の存在を主張します。

1476411872898
この日は、黒毛和牛のトモ三角のブロックが手に入ったので、
焼肉用より少し薄いくらいの厚切りにして松茸を包んで食べました。
食感がトロ~~ではなく、歯ごたえがあるのが良いです。
他の具は入れません。松茸と肉のみで勝負です。旨い!

1476411796440
続いて、松茸とフカヒレの焼きそばです。

フカヒレは背びれや尾びれがあればより良いですが、
今回の主役は松茸ですので胸びれで充分。

20161010_185626
麺はちょっと面倒ですがラーメン用の多加水麺を茹でて、
それを水で洗ってからごま油で焼きます。
ちゃんと洗わないとくっついて美味しくないです。
焼きそば用の蒸し麺で作るより、僕はこっちの方が好きです。

フカヒレのソースに松茸を入れ香りを引き出し、
そこにフカヒレを加え味が染み込んだ頃合いに麺の上にかけます!
山椒があっても良かったな。

パリパリの麺と松茸フカヒレソースが最高です!

1476441956954
更に続いて、松茸のなんちゃってリゾット。これが一番美味しかった!

鴨脂をフライパンで熱し、そこに玉ねぎを入れて炒めます。
鴨脂は鶏スープが無かったのダシの代用です。
玉ねぎの甘さが引き出されたところで、
細かく刻んだ松茸をいれます。
松茸の香りも脂に加わります。

そこにご飯(お米では無く)を入れてご飯に味を移してから、
牛乳とバターを入れ少し煮込みます。
最後にパルミジャーノをたっぷり入れて、塩コショウをして完成です。

ポルチーニのリゾットに負けない旨さ!
(となると、乾燥させてもうまいかな?と思いましたが、
天然だし虫が湧いても嫌なので止めました。)

ワインは入れないのか?と気が付いた方がいたら凄いですね。
酔ってて忘れました。

1476412274283
以上で、2日間で松茸を3本楽しみました!

最後の1本は、翌日朝食のうどんに入れました。
これも本当に旨かったです。
二日酔いの朝には染みる味です。

子供の分は、出汁は一緒(昆布+煮干し+松茸)で松茸抜き。
それが「変な味する」と不評。
子供には価値が解らんようですね。
2日間通して1口もあげなくて良かった良かった。

・こちらもオススメ!丹波の松茸特集は→こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする