山椒とハモのマッチング。これは・・・食べたくなります。

私事ですが、職業柄、美味しそうな画像は見慣れております。
ちょっとやそっとの画像では、腹の虫は動かなくなりました。(良いのか悪いのか…)

しかし、これには腹の虫が大いに反応致しました。

大徳寺さいき家の「はも寿司」

関西では夏を告げる魚としてお馴染みのハモを、贅沢に使ったお寿司。
以前にブログでご紹介したように、ハモは梅雨の雨を飲んで旨くなりますので、
未だ「はしり」ではありますが、この丁寧に作り上げられた仕事は、
絶品の「はも寿司」を食べられる、それは揺るがないと思います。
以前のブログ「淡路島のはも」はコチラから


高級感を辺りに醸し出しながら、食欲をそそる見た目。
山椒が絶妙に味にアクセントをつけて食べられる。

・・・完敗です。これは自分買い決定です。

お寿司だけではありません。

大徳寺さいき家のはも山椒

お茶漬けです。これは絶対に、絶品のお茶漬けが出来ます。
さいき家さん・・・何と魅力的なモノを・・・。お財布と相談が始まりました。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする