すっぽん鍋の会

こんにちは。㈱食文化デザイン部の新人、鈴木です。

先日デザイン部と有志の方々と先輩の送迎会を兼ねて、すっぽん鍋の食事会を行いました!
すっぽんはうまいもんドットコムから
「大分安心院 やまさ旅館のすっぽん鍋(甲羅酒用の甲羅付き)」をお取り寄せ。

こちらは4~5人前を購入。さすがすっぽんは高いな~などと思っていましたが、
一人当たりはそれほど高くなく、意外とお財布に優しかったです。

お酒もやさしい先輩方からおごって頂きました。
いつも本当にありがとうございます!!!

安心院のやまさ旅館のすっぽん鍋は、このような箱に入っていました。
料亭の味が家にいながら味わえる、いい時代ですね。

料亭に行ったことは数えるぐらいしかないですけど

中にはすっぽん鍋用のだし、自家製のポン酢と柚子胡椒、エンペラの湯引き、甲羅酒用の甲羅。
そしてメインのすっぽんのお肉が600gと、初めてでも安心のすっぽん鍋の作り方が入っていました。

「すっぽんをさばくところからかな?正直大変・・・」なんて考えていた僕でしたが、
ほとんど下処理は終わっていて、すっぽん自体は水で洗うだけ。

高級食材なのに、簡単調理。最高ですね。

しかし他の具材は水洗いだけというわけにはいかず、なれない包丁捌きで準備します。

拙い包丁さばきで時間をかけながらも何とか鍋会の準備は完了!

皆さんイチオシのお酒を持ち寄り、鍋会がスタート!!

まずは沸騰した鍋にすっぽんだけ入れます。
灰汁をとりながら専用だしををいれます。だんだんといい匂いがして参りました。

スープが澄んできたら野菜を投入!

しかしここですっぽんを煮過ぎてしまうと、身がほろほろになりすぎてしまいます。
そうなると身の食べ応えがなくなってしまいますので、様子を見ながら慎重に煮ていきます。

その間エンペラの湯引きを特製ポン酢でいただきながら待ちます。
これがプリプリとした食感のエンペラに、特製ポン酢がマッチして美味!

これだけでお酒が進みそうですがメインは鍋。
煮えすぎないよう注意します。

そしてほどほどのところでいざ、実食!

身はプリプリで食べ応えがあり、旨みも凝縮されていてとてもおいしい!
イメージで食べる前は生臭いのでは?と思っていましたが下処理をしっかりされているのか全く生臭さはありませんでした!

また、スッポンは身もさることながら、そこから取れるダシまたおいしい!
すっぽんの味が浸みたスープもサッパリとして上品な味わい。他の具材も美味しく仕上がります。

美味しすぎるのも問題ですね、あっという間にすっぽんの身は食べきってしまいました・・・。

おなかも少し膨れてきました。そんなときは甲羅酒で小休憩。
こちらも日本酒にすっぽんの風味がしっかりと出ていてとても味わいがありました。

そのあとはうどんからの雑炊という鉄板の流れで完食!
初めてすっぽんを食べましたが、上品でとても美味しかったです。

また食べたい・・・

また他にも築地からスズキを買ってお刺身でいただきました。

 

こちらも新鮮でおいしい!
すっぽん鍋でしゃぶしゃぶにしたりして、とても贅沢でした。

すっぽんを食べるのは初めてでしたが、掛け値なしに美味しかったです。
安心院のやまさ旅館のすっぽんなら、簡単調理で出来ますので是非お試しください。

安心院のやまさ旅館のすっぽん鍋、ご注文はコチラから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする