うまい海苔は最高の脇役(その2)


海苔がうまいと味付けはシンプルが良い!

特に江戸中期以降の江戸食文化の典型の海苔は
日本人の味蕾にすごくアピールする!

大事なのは、漆黒の漆みたいな見た目じゃなくて、
少し赤味と緑が感じられ、繊維が細い柔らかいけど
ぱりっとした、儚い食感の海苔が良い!

そういう口溶けの良い、見た目じゃなくて、味と香りが大事!

ずっと佐賀の初摘み一等級の破れ海苔が一番と思っていたけど、
最近食べた、江戸前ちば海苔の黒の最高等級品と
青混ぜの方がうまい!
56歳にもなって、海苔の世界が変わった!

千葉の海苔の魅力について詳しくは → こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする