伊邪那岐命から意富加牟豆美命の神名を授けられた桃

桃は神だ
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)から
意富加牟豆美命(おおかむづみのみこと)の神名を授けられた 桃

伊達の桃 蟠桃

古事記の黄泉の国の条に登場する黄泉比良坂の峠で
伊邪那岐命が雷神と黄泉軍に追い詰められた時
そこに生えていた桃の実を三個取って投げつけると

福島 菱沼さんの桃

雷神と黄泉軍が敗退したことから
その功績で神名を授けられ
「お前(桃)が私を助けたように、
葦原の中国(地上世界)の人々が苦しみに落ち、
悲しみに悩む時に助けてやってくれ」と命ぜられた桃

岡山 夢白桃

百歳(ももとせ)まで生きるのに桃花酒を飲む
桃は邪気を祓う
桃太郎伝説

山梨 一宮のプレミアム桃

三世紀前半の纏向遺跡で祭祀に使われた?二千個以上の桃の種が出土
追儺(ついな、節分の起源)では、鬼を追い払うための桃弓や桃杖が使われ
正月には桃の木片で卯槌(うづち)というお守りが作られた

大阪 松本さんのギネスの桃

確かに桃には他の果実にない独特の魅力がある。
毛毛(まおまお)と独特の佇まい
神秘の力が宿るのか、妖しいエロスさえ感じる。

伊達の桃 匠の想い

上質な桃は品種の違いはあっても魅力に溢れる。
桃の機能性成分や栄養価が優れているのはもちろんだが、
視覚、嗅覚、味覚、そして手に桃を持った時の肌感覚
五感を通じて癒しを与えてくれるのが桃の真の力 

福島 高橋さんの桃

まさに神がかった果実だ。
新型コロナ禍の時代 桃の神力を信じたい!
二千年近く信じられてきた桃力 きっと何かあるはず。

「全国の美味桃」特集はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする