古里さんのランプ食べ納めカウントダウン

こんにちは。食文化スタッフの山城です。

私は、名刺に好きな食べ物として
【飛騨牛熟成ランプ】と自己紹介しているくらい
古里さんの熟成ランプが好きです。
(注:食文化では名刺に好きな食べ物を記載できます。)

先日メルマガで流れた
古里さんがお店をお休みされる件、
悲しく思ったのは私だけではないはずです。

食べ納めをするために、熟成ランプを
11月と12月に1回ずつ届くよう注文を入れました。


いつもは500gか800gの4等級を頼むのですが今回は1kgの5等級。
2日にかけて堪能しました。


美味しい~~の一言に尽きます。
まったく臭みがなく、パサつきもなく、水っぽさもなく、
肉の味わいがガツーンときて、本当においしい。
4等級の荒々しい感じも好きですが
5等級の落ち着いた肉質ももちろんおいしい。
塩コショウ、空井さんのオリーブオイル(ミッション)、酢漬けのハラペーニョ、
特製ソース(赤ワイン、バルサミコ、醤油、ブルベリージャムを煮詰めたもの)
と一緒にいただきました。

ワインもいつもより奮発して、
初日はシャトー・ボイド・カントナック2015、
2日目はルー・デュモン フィサン・ルージュ2017。
やっぱりボルドー系の方が熟成ランプには合います。

次で最後か・・・ランクアップした赤ワインを用意しておくことにします。

こちらはまったく関係ないですが赤羽商店の佐賀県産 初摘み一等級 破れ海苔
20枚×2袋×8セット⁼320枚!

娘たちが海苔が好きすぎて、あっという間になくなってしまいます。
1歳娘たちは夕飯時に白米を半分くらい食べ終わったら、
「ごはんを海苔で巻いてくれ~」というリクエストしてきます。
実際はしゃべれないので机を指でポンポンされるだけなのですが
海苔巻きつくってあげると収まるので、きっとそういう合図なのでしょう。


ご飯の準備が待ちきれないときは、
海苔だけあげておけばおとなしくなります。
助かります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする