秋はうまいもんでの購入額が一気にあがる(豊洲直送の鯵と鹿角短角牛の内臓)

こんにちは。食文化スタッフの山城です。

食文化に入社した2012年の12月以降、
定期的にうまいもんドットコムでお買い物を続けていますが、
どうやら私の購入額は秋がダントツ多いようです。
実りの秋と食欲の秋を無意識に体感していたんだなぁ
ということに気づかされる今日この頃です。

さて、「一番好きな魚は?」と聞かれたら、間違いなく私は「鯵」と答えます。
(次に鼻差で鯖、その後は1馬身あけて鰹です。
でも3着は結構気分で変わります。)

そんなわけで先週購入したのが豊洲直送の鯵 2kg です。
♯元気いただきますプロジェクト のおかげで送料無料!


全部で9尾。大きいので280gくらいのサイズでした。
捌いていると、とても弾力があり、新鮮さが伝わってきます。


その日のお昼に、アジフライとなめろうに。
アジフライはフカフカ。
娘に1つ計算で揚げたら、「おいしい~」と2つ食べて、
3つ目も行こうとしてたので「野菜食べてないでしょ!」と
ストップさせました。(大人の分がなくなるため。)

なめろうは全く臭みなく、ねっとりしていて、
私の味付け加減もちょうどよく白米に合っておいしい!
ただ、これは、夜に芋焼酎のお供に、がベストだったでしょう。
事前に予想はしていましたが。


1歳双子たちもスティック状にしてあげました。


ひたすらモグモグ、ウマウマと食べていました。

残りは、しょうが醤油に漬けて唐揚げに、骨の部分を素揚げして
翌日の夕飯にいただきました。
こっちもモグモグ、ウマウマ、もっとクレクレ、でした。

そして時は変わって久しぶりの短角内臓肉の日。

左からタン先、タン中、タン元。
私はタン先派、娘はタン元派、夫はどこでも関係ない派。
ねぎ塩だれがおいしすぎます。


やっぱり短角のサガリは美味しい。

最近外食需要減のためか、いつも行くお肉屋さんでも
国産のハラミやサガリ、牛タンを見かけます。
「お!」と思って買うものの、短角と比べると肉力が足りず、
臭みも気になり、塩で食べ続けるのは厳しいです。。

残りは翌日のお弁当に。
ごはんと一緒に食べるちょっと濃い味にしたサガリもまたおいしい。

1歳娘たちはまだ前歯しかないので、おそらく噛み切れず、
短角デビューはお預けにしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする