「甘太郎スイカ」の産地に行ってきました@千葉県富里

こんにちは、食文化スタッフの大村です。

雨が今にも降りそうな、あいにくの天気ではありましたが、
5/21(金)に千葉県富里市にある
すいか生産者の村田さんの圃場に行ってきました!

甘太郎スイカの生産者

左が組合部長の内山さん、右が組合長の村田さん

富里丸新出荷組合・組合長の村田さんは
すいかを栽培して35年。
希少な「甘太郎」スイカを中心に栽培しています。

美味しさを最優先に考え、
1株1果取りをしています。
そうすることで1玉に栄養を行き渡らせるよう育てています。

ハウスに入ると、びっくり!
8~10kgの大玉スイカがゴロゴロと生っていました。
今年は交配が好調で、
特に天気に左右されることなく、順調に育っているとのことです。

甘太郎スイカ

お土産に立派な大玉のすいかをいただきました!

甘太郎スイカの計量

なんと、10kgもありました。
早速試食しようと包丁を入れると「ぱりっ」と心地よい音とともに、
西瓜の香りが広がりました。

やっぱり大玉はシャリ感抜群です!

6月中旬ごろから本格出荷が始まります!
ご案内準備を進めていますので、
お楽しみにお待ちください。

「甘太郎(かんたろう)スイカ」の詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする