凍眠伊勢海老で海老フライ

流水で解凍すると、見た目は生きているようです。
生きてはいないので、さばくのはとても簡単です。

私は活の伊勢海老を何度も料理しているので、
あまり苦にはなりませんが、慣れない方は怪我をするかもです。

その点、この凍眠伊勢海老は調理が簡単です。

刺身で食べることもできますが、活のようなぷりぷり感は
足りないので、(ちょっとまったりした食感になります)

茹で、焼き、揚げ、炒め、そんな調理法がおすすめです。
今回は大きなわけあり品(脚が欠けたもの)なので、
切り分けてフライです。

美味しいのは言うまでもないです!
「三重やいこ屋 伊勢海老と黒あわび」はコチラ!から