三陸営業所(2名)で大ブーム!漁師飯「気仙沼ホルモン」

「気仙沼ホルモン」

宮城県にお住まいの方はご存知でしょうか。

三陸社員2名とも、こちらに来るまでは知らなかったのですが、こちらに来るきっかけにもなった「宮城復興支援センター」の船田さんに教えて頂いたのが出会いのきっかけでした。

(左が船田氏)

気仙沼ホルモンは、たっぷりのにんにくと味噌を混ぜた特製のタレに、豚のホルモンを漬け込んだものです。

本当は炭で焼きたいけど、東京から持ってきてないのでフライパンで・・・

それを、ウスターソースや一味唐辛子をかけたキャベツと併せて食べます。

ハッキリ言って濃いです!超濃厚です。

でも、ご飯のおかずにしても、お酒のつまみにしても合います。
初めは抵抗があったのですが、気付いたらクセになっていました。

今でこそB級グルメと呼ばれる食べ物ではありますが、昔から地元の漁師さんや、遠方の漁師さんが寄港した際に食べていた立派な漁師飯です。

何故ホルモン?という疑問はありますが、恐らく長期間海に出ていた漁師さんにとっては、短時間でエネルギー補給ができるスタミナメニューと言う事で人気の高いメニューなのだと思います。

因みに、今回食べたホルモンは、あるきっかけで出会った気仙沼市の中心部にある「ミートよねくら」さんのホルモンです。

ミートよねくらさんもやはり被災をしており、実は私たちの居る気仙沼市場のすぐ近くに店舗がありました。

津波の際、奥様は首まで海水に漬かりましたが、すんでのところでシャッターが壊れ、水が流れたおかげで逃げる事ができたそうです。

現在のお店の場所も津波が来ましたが、被害が1階までだったため、綺麗に作り直し営業を再開しました。

まだ従業員全員の雇用ができず、事務作業も手作業の状態ですが、

「あなたたち若い人が頑張ってるから自分も頑張れる!」

と、笑顔で話します。

これは・・・・・これは・・・・・期待に応えなければ!

よし、明日も気仙沼ホルモンを食べてより一層がんばるぞ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする