虜になる幻のプラム 月光

築地市場の仲卸の小田政の清水社長から息子宛に届きました。
先日の会食時に「うちの息子は月光が大好き!」と言ったからかな・・
unnamed
見るからに妖艶な姿体
ほぼ完熟していますが、この感じがギリギリ包丁が入る状態です。
これより少し熟すと、皮の下はプラムの硬めスムージーが詰まった状態になります。
丸ごと口に放り込むか、プラム汁まみれになる覚悟で噛みつくか・・・
いずれにしても、相当にうまいです。
色々なプラムがありますが、私は月光が最高だと思います。
栽培が極めて難しい品種なので、生産量が少ない幻のプラムです。

・味・香り・形・色、全てにおいて、プラムの常識を覆す山梨産「月光」は、→こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする