内子とミソを堪能!陸奥湾のトゲクリガニ

毛蟹では味わえない緻密で濃厚な内子とカニ味噌!陸奥湾の「活けトゲクリガニ」

毛蟹の醍醐味は、濃厚なカニ味噌。
ただ他の蟹と違い、メスの漁が禁止されているので、内子と一緒には楽しめません。

こんにちは、うまいもんドットコムの梶です。
本日ご案内するのは、4月下旬〜5月に旬を迎える陸奥湾の「トゲクリガニ」です。

別名“桜ガニ”とも呼ばれるこの蟹は、毛蟹と同じクリガニ科の仲間。少々小振りですが、
繊細な身とカニ味噌、そしてメスであれば緻密で濃厚な内子まで堪能できる極上蟹です。
5197.2
青森県人にとってトゲクリガニは、花見の宴席に欠かせない食材です。

1杯200〜250gと小さくて安価なため、昔から庶民に親しまれてきたのですが、
その味は、毛蟹にも決して劣らないほど繊細で濃厚。

タラバ蟹のように豪快に食べられないので、小さな蟹の身をほぐす
面倒な作業をしたくない方にはおすすめしません。

しかし、たっぷりと茹でて身をほぐし、ちゅうちゅうと吸い付くように堪能したり、
茹で汁も余すことなく楽しみたい方には一押しです。
価格も毛蟹であれば同じ重量で倍以上はしますから、かなり値打ちがあります。
4921.1
陸奥湾は養殖ホタテの一大産地でもあり、そのプランクトン豊富な海でトゲクリガニも育ちます。

陸奥湾ほどトゲクリガニが生息する海域はなく、
その量は、ホタテ養殖のために海中に吊るした採苗器に稚ガニが入るほど。
5197.3
16年前からオスで7cm、メスで6cmの蟹は放流する決まりができたため、
比較的大きなサイズが手に入りやすくなりました。

今回はオス・メス混合で約1kg、目安として4〜5杯をお届けします。
見分け方は、お腹のふんどし部分が細長い二等辺三角形であればオス、正三角形であればメスです。

お手元に届きましたら、冷たい水で締めてからたっぷりの湯で茹でるか、蒸してお召し上がりください。
5197.1
量はそれほど多くないですが、何と言ってもカニ味噌絡んだ純度の高い内子。これが堪らなく旨い!
オスはメスと比べて身の味が濃いので、カニ飯や茹で汁を使ってパスタにするのもおすすめです。

陸奥湾のトゲクリガニを楽しめるのは、4〜5月のわずかな期間のみ。
うまいもんドットコムでは、活けのまま産地直送でお届けします。

■青森県 陸奥湾産「活トゲクリガニ(桜蟹)」は→こちら
★萩原のblog記事は→こちらから
4921.2
■【同梱できます】田中さんが育てた三年もの 「活ホタテ貝」は→こちら

malemagazine11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする