イベリコ豚ベジョータ骨つきロース

こんにちは。食文化の山城です。

5人家族の我が家では月に1回の頻度で
緑の一番75個セットを購入しています。
ですが、いいタイミングで注文をするのを忘れてしまい、
先日久しぶりにスーパーで卵を買いました。

そしたらなんと、冷蔵庫から取り出すときに素手で握ったら
殻がグシャっと割れてしまいました。
え!?なぜ?と思いもう1個取り出したら、
次の1個もグシャっと割れてしまいました。

緑の一番は殻が硬いのでその感じでつかんだら
スーパーの卵は割れてしまうんですね。
慣れって恐ろしいですね。気を付けないと。
(決して私の握力があがったわけではないはず。)

そんな我が家、現在冷蔵庫には
現在冷蔵庫には120個の緑の一番星が保管されています。
何故なら正規品を買った後に訳あり規格が販売され、
勢いで月2回も買ってしまったためです。

まんべんなく消費していけば
大丈夫だろうと気楽な気持ちだったのですが
さすがに少し考えが足りなかったかもしれません・・・

さて、そんな私のおっちょこちょい話はおいておきまして
先週末、イベリコ豚ベジョータ骨つきロースが届きました。
こんな感じのテンションの上がるビジュアルです。
肉の色も鮮やかでもうこの時点で期待しかありません。

セロリ、にんにく、ローズマリー、にんじんの皮、玉ねぎの端っこ、
レモン汁、オリーブオイル、白ワインでマリネして1日寝かせて焼きました。

こんがり一気に表面を焼いて、あとはじっくり火を通しました。


切り分けて半分をトマトソース、半分を塩コショウで。

うーむ。これは美味しすぎる。
脂が全くしつこくなく、豚特有の臭みもなく
でもしっかりした肉質で1人で1/5をペロリ。

1つは翌日のランチに、
トルティーヤで巻いて食べました。
これもまた美味。

全てマリネしちゃったのですが
マリネなし塩コショウオンリーバージョンも焼いて
食べ比べすればよかったなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする