秋田伝統野菜「山内にんじん」の生育が・・今年はちょっと小ぶりな「いぶりにんじん」!

素材にこだわるからこそ、その規格にばらつきが生じます。
それが工業製品との大きな違い。

素材の「山内にんじん」が小ぶりの為、今年はちょっと小ぶり。
ただ、それが素材を重んじる気持ちの証明かと思います。


「いぶりにんじん」「いぶりがっこ」スティックパックセット

雅に香るから「がっこ」。
山内の人々の我慢強さ、しんしんと降り続く雪、一大産地であるお米の御伴。
これらが相まって生まれる、「いぶりがっこ」

真面目に、一筋に、黙々と。静けさが味に染み込んでいくかのよう。

「いぶりにんじん」「いぶりがっこ」はコチラから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする