自分へのご褒美に鮨十の本格江戸前ちらし寿司

こんにちは。食文化の山城です。

3月に販売を開始し、あっという間に売り切れてしまった
西麻布の名店「鮨十」の本格江戸前ちらし寿司
初回はお客様優先だったのですが
先日5月の販売は販売チームから
「数の確保ができたので、社員も買っていいですよ!!」
との嬉しいGOサインが出たので、早速購入、
午前中到着指定にし、休日のランチにいただきました。

こんな感じの立派なお重と
かんぴょう、でんぶ、いくらの瓶3つが入っています。
ピッタリサイズの箱に梱包され配送も問題なさそうです。


開けてみると、具材がぎっしり。見た目も豪華。
底も深く、4人前は十分にありました。

子供達には事前に焼きそばを食べさせていたので
大人がゆっくりと食べられます。
海老好き三女が「エビ~エビ~」と車海老奪っていましたが。。

冷蔵でお米が固くなってしまっているので、
電子レンジ500Wで30秒加熱するのが重要です。

と書いてますが、私が説明書読まずに突っ走るタイプなので
最初数口は「なんか固いな~」と思いながら食べていました。

ハイ、説明書はちゃんと読みましょう。

きちんと温めて、気を取り直してまず鮑。
柔らかい!おいしい!
最初、商品ページを見ていた時は
鮑をなくせば価格を抑えられそうなのにと思いましたが
前言撤回、これは外せない。

蛤、蛸、これも柔らかい!
味の含ませ方が絶妙。

穴子や椎茸の甘い感じもおいしい。

絹さやとレンコンはシャキシャキしていいアクセントに。

赤酢の酢飯もちょうどいいバランス。

ちなみに、全部おいしかったのですが一番好きだったのはかんぴょうでした。
美味しすぎてちらしにのせず、芋焼酎のおともに楽しみました。満足!

昼に食べきれなかった分は夜に回しました。

ただお酒メインの大人2人で食べるには米の量が多いので
(そりゃ4人前だからそうなんでしょうが)
今度頼む時には子供達にも広い心で分け与えようと思います。
そして、子供達が喜んで食べるにはプラスで
サーモンとか鮪など生魚を追加トッピングが必要、と次回への自分メモです。

鮨十さんとは、父の日向けにも何やら新しいセットを企画中とのことなので
今から楽しみにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする