こみつを語る(その1)


『こみつ』という林檎
今シーズンは青森県石川地区の夜温が下がらず
蜜入り具合はいつもほどではないけど
切った瞬間 「お〜ぉ」と小声が出る感じは相変わらず

1個目も2個目も息子があっという間に完食

古風な日本の女性的な魅力とでも言うか・・
小柄でフィジカルな存在感は大きくないけど
すれ違い様に良い匂いがする
そんな林檎

「究極の蜜入りりんご こみつ」詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする