待望の初カツオ水揚げ!

一昨日6月6日、気仙沼市場では昨年より3週間ほど早く初カツオの水揚げがありました。

昨年の気仙沼市場の水揚げ高は50億円と、市場復活の原動力にもなったため、市場関係者が待ち望んでいた入荷です。


サイズは1.1kg~1.8kgと小振りサイズが8割。特大4kgサイズは1本のみと、小さいものが多い状況でしたが、入札価格は史上最高値を記録し賑わいを見せました。


まだ水温が低く成長が遅いのと、北上して泳いでいるカツオ自体が少ないので、本格的な水揚げは6月末か7月頭になりそうです。

でも折角なら初水揚げのものを食べたいので、早速手に入れてきました。

背側は軽くあぶりタタキに、腹側はそのままお刺身に、食べきれなかった分は翌日にソテーしてカルパッチョ風サラダで頂きました。

「目に青葉 山ほととぎす 初鰹」

とは、本当に季節感を表した素晴らしい句だと実感します。

既に暑いと感じる地域もあるかと思いますが、気仙沼は程よい気候です。

気仙沼市場の対岸には山があり、目には青葉、陽が昇る早朝には、耳にほととぎす、口には初かつお。

こんな贅沢は他にありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする