減農薬栽培で作られる伝統ある八色すいか!名人の作品が始まりました!

大正時代から始まった、伝統のブランドすいか「八色(やいろ)すいか」

米どころで有名な、新潟の南魚沼で30年以上農業を営む[飯塚恭正]さん。
農産物の安全性にこだわり、いつしか「すいか栽培の名人」と言われるようになりました。

その飯塚さんが作る「八色すいか」

当然のように名人は減農薬栽培で作ります。

切ると広がる鮮烈な赤色と、繊維質の緻密な果肉。
その味は、強いシャリ感を楽しむのではなく、
ハラリと口の中で広がり、甘さが全体を包み込むような心地よさを感じます。

意外にも「すいか」を味わうには、この食感が大切。
密となった肉質の広がりを楽しむ。それにはこの「八色すいか」が抜群です!

短い間ですが、夏が訪れ旬を迎えました。
うまいもんドットコムでは、この名人の「八色すいか」の2種類の規格をご用意致しました。

飯塚名人の八色すいか Lサイズ 約6kgはコチラから!
飯塚名人の八色すいか 2Lサイズ 約7kgはコチラから!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする