自宅で貝刺しに挑戦&イベリコ豚ベジョータ

こんにちは、食文化スタッフの大村です。

貝は好きなのですが、自分で捌いたことがなく、
チャレンジしてみました!

まずは、貝むきを初めて購入。
捌き方はリーフレットもついてくるのですが、イメージトレーニングをしました。


そして、さっそくスタート。

1粒約100gの赤貝。
閖上産を食べたかったのですが、
水揚げがないとのことで、今回は山口産でした。

簡単に貝を外すことができました。
ここから身を取り出して、内臓を取って、、、
格闘に集中しすぎて写真を撮り忘れました。

赤貝は初心者でも簡単に捌くことができました!

今回、ツブ貝もセットだったのですがそちらも捌く前の写真は撮り忘れました。
うまく貝柱が外せず、貝を割ってはずしました・・・
ツブ貝はコツを習得するには練習が必要そうです。

ツブ貝、赤貝どちらも甘みがあって、最高でした。
自宅で貝刺しなんてハードルが高いと思っていたのですが、
割と簡単に捌くことができました。

豊洲市場直送!海鮮企画はこちら

こちらはスペインから冷蔵で空輸されたイベリコ豚 最高ランクの「ベジョータ」!
400g骨付きブロックを注文しました。

肉質のキメが細やかく、脂も程よく入っていて神々しい・・・

しっかり室温に戻して、
フライパンで塩と胡椒、そしてにんにくと焼きました。
ブロックのままだと火が入らないと思い、骨と骨の間でカット。
それでも4~5cmあったので、さらに半分に開いて焼きました。

骨をもってかぶりつきたかったので、
このスタイルで食卓に出したら、「食べづらい」のブーイング。。。

仕方なく、カットしました。

「やわらかくて、美味しい!」と
娘が次から次へと口に運んでいました。

脂が口の中でスッと溶け、ほのかに甘い。
たくさん食べても、決して脂っこくありません。
臭みは一切なく、柔らかい肉質でした。

2回のみの空輸なので、
今年食べられるのはあと1回、2月分だけです!

イベリコ豚「ベジョータ」の詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする