夏の旬を楽しむ食の会。活き毛蟹、日本雉、夏野菜… その2

こんにちは、食文化スタッフの山田です。

先日行われた、恒例の「旬を楽しむ食の会」(前回の模様は→こちらから)
茹でたての毛蟹を1人1杯食べ尽くした後は、
日本雉、そして夏ならではの野菜が振る舞われました。

画像1

真冬の一番美味い時期に〆て冷凍保存した日本雉は、
地鶏とはひと味ちがう、シンプルながら力強い味わい。

もちろん、店頭で手に入るブロイラーとは、味の次元が違います。

そして、今回参加者からの反響が最も大きかったのが
夏に旬を迎えるタケノコ、『緑竹』です。

画像2

縦に割ると、普通は必ずあるはずの「節」が全くない、不思議なタケノコ。
えぐみが少ないので、新鮮なものはアク抜きをしなくても食べることができます。

画像3

これを下茹でし、醤油を塗って炭火で焼き上げます。

柔らかくて甘い、なにより真夏に美味しいタケノコが食べられるということで、
参加者全員が驚き、夢中になった逸品でした。

・三重県熊野 日本雉(さばき1羽)のご購入は→コチラから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする