タコを獲ってきたっちゃ!

先日、ご注文頂いていた志津川タコを発送しました。

因みにタイトルの

「○○っちゃ」

は地元の方言です!

当日の朝、歌津石浜の佐藤会長宅へ行くと、いつも一緒に漁に出ている弟さんがいない・・・

おかしいなーと思いつつ、後で合流するんだろうとのん気に船へ向かうと、

やっぱり来ない・・・

手袋をはめて、カッパを着て、エンジンを掛けて、

やっぱり来ない・・・

まさか・・・私に・・・獲れと?

確かにいつも同行してるけど、あくまでもお手伝い。

「弟さんの変わりはできません!」

とは言えないうちに、寡黙に出発

後で聞いたら、弟さんは持病のため短期入院していたそうです。

会長が揚げたカゴに、再び餌を仕込んで海へ投下。

タコが入ってれば掴んでタコ網へ。

手際よくやってるつもりが、手袋が大きく紐を結ぶ作業に手間取ります。

出発前に会長が、

「手袋はそれでいいのか?」

と聞いてきた理由が良く分かりました。

だって、まさか自分が餌を仕掛ける事になろうとは思わなかったんだもの。

揺れる船の上で作業をするというのはやはり大変です。

それか、普段から鍛えていない私の足腰が弱すぎるのか・・・

心の中で悲鳴をあげながら、今回の発送分は獲れてくれと祈りながら

黙々と獲り続けました。

祈りが通じたのか、岩肌が剥きだしになってる沿岸部で多くのタコが獲れました。

浜に戻ると、船上で内臓を取りそのまま塩もみします。

今回は大量でしたので、出荷分だけ頂き、残りは「さかなのみうら」へと旅立ちました。

塩を洗ってようやく加工業者のマルアラさんに届けます。

あとはよろしく!

と、言えるまで半日を要しました。

そんな状況で、漁に出たり塩もみしたりと、漁師さんと一緒に動いていたら、

全然写真が撮れませんでした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする