我が家のいちご生活と無凍結たらこ

こんにちは。食文化の山城です。

我が家の子供たちはいちごが大好きです。
双子たちが1歳半になり言葉もしゃべりはじめ、
「いちご~いちご~(ドミミではなくなぜだかドミドのイントネーション)」
と言えるようになりました。
好きなものは覚えるのが早いようです。

そんな娘たちのために、先日いちごを社販で購入し、
ゆめのかを4パック持って帰りました。
そしたら翌日うまいもんのバイスズオカキャンペーンで購入した
きらぴ香と紅ほっぺのセットが2パックずつ届きました。
つまり!冷蔵庫にいちご8パック。


左からきらぴ香、紅ほっぺ、ゆめのかです。
大きいのを食べたい長女はきらぴ香。
少し酸味の強い紅ほっぺは私好み。
いちごなら何でもよい双子たちはゆめのかをもぐもぐ。
ゆめのかは幼児サイズでちょうどよい。

8パックも食べきれるか!?と不安もありましたが、休日もはさみ、
1日2パックくらい普通に食べてしまうので
あっという間に冷蔵庫から消え去りました。

そして先日待ちに待ったカネシメさんの無凍結たらこ極漬が届きました。

入社1年目の時に購入し、感動を覚えたこのたらこ、
しかし、当時は私は、朝は飲み物だけ、昼は築地界隈で外食、
夜は飲み屋という生活をしていたので、
仕事が休みの日しか消費できず、結局冷凍庫で保存する羽目に。
あれから9年が経ち、朝はがっつりエネルギー摂取し、昼はお弁当、
夜は完全自炊という生活になり、家族も増え、
たらこが無凍結のまま食べきれるかもしれないと思い購入しました。


最近朝ごはんはパンだったのですがこの1週間はたらこごはんです。
ごはんをおかわりしたくなるくらいおいしい。
休日ランチにたらこスパゲッティにしましたが長女に大好評でした。
来年も購入しよう、そうしよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする