北海道がさんまを保存食にしたら?⇒抜群の味「糠さんま」

北海道では8月頃にさんまが漁獲されます。
さんまは産卵の為に千島列島付近から太平洋側を南下していき、紀州沖に着く頃には、
蓄えていた脂分が無くなり細身になっております。

反対に、北海道で獲れるさんまは、脂が豊富にのっております。

この脂が、さんまの保存を阻む要因・・・そうして辿り着いたひとつの答え。

それが糠さんま

毎日の食卓に「糠さんま」
日本の食文化の奥深さを感じます。

「糠さんま」はコチラから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする