桜前線北上中⇒青森県の春の訪れは「桜蟹」

青森県の桜が咲く頃、ひとつのカニが獲れ始めます。
そのカニは、通称でこう呼ばれます。

「桜蟹(さくらがに)」

青森ケンミンが花見をする時に、お酒と一緒にこの「桜蟹」を食べます。
これは通称で、一般的には「クリガニ」と呼ばれます。

ピンと来た人は、かなりの「カニ通」。

毛蟹と同じ仲間で、その味・見た目が似ており、
価格も毛蟹よりも安い事から、いわゆる「安い毛蟹」として出回っております。

安い毛蟹・・・???

そんな市民権を得て無い蟹と、解釈をしないで頂きたい!
この「クリガニ」。毛蟹と甲乙つけがたく美味いんです!(しかも安い)


たっぷりのカニミソに申し分のない蟹の身。

しかも毛蟹では出来ない事が可能となります!
それは・・・

濃厚な味を持つメスを楽しめます!

毛蟹のメスは禁漁ですので、一般には出回りません。
このクリガニでしたら、そのメスの味わいを楽しむ事が出来ます!

さぁ~~桜の季節に蟹好き垂涎の「クリガニ」がやってきました。
陸奥湾産活けクリガニはコチラから


先入観無しにお楽しみ下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする