年末戦線を乗り切ろう!熟成鹿角短角牛ですき焼きパーティー

こんにちは。食文化スタッフ山城です。

最近子供(2歳)に
「好きな食べ物は何ですか?」
と聞くと
「黒いお肉(牛肉)です。」
と言います。

これまでは
「バナナです。」
とか
「ポテトです。」
が定番だったのに、世の中にはバナナやポテトよりも
美味しいものがあることに気づき始めているようです。

小さいうちから美味しいものを食べさせてあげたい前向きな気持ちと
食費がかさんでしまうという後向きな気持ちが交錯する今日この頃。

とはいえやはり子供の成長はうれしいものなので、
子供の(そしてそれに便乗した旦那の)リクエストに応え、
「年末戦線を乗り切ろう!すき焼きパーティー」をしました。

28806-2
注文したのは11月からすき焼き用肉企画の販売を開始した鹿角短角牛。
萩原もブログで試食しています。

部位は食べ比べがしたかったので、バラ、もも、肩ロース(上記写真)、
全種類を購入しました。

dsc_00021
作り方は関東風、割り下のレシピはもちろん萩原レシピ
葱は千寿葱、白菜はオレンジクイーンを使いました。

短角の肉の力強さと旨みを感じ、とってもおいしい!
野菜の甘みもあり、甘さもちょうどよかったです。

部位ごとに食べ比べた感想は
 バラ・・・脂の旨みがすごい。旦那(34歳♂)イチオシ!
 肩ロース・・・脂と赤身のバランスがよい。私(37歳♀)イチオシ!
 もも・・・上品さあり。火の通しすぎに注意。最後の一口はももで終えたい。
となりました。

dsc_0653_2
残りは翌日の私と旦那のお弁当に。
冷めてもおいしい。

地元のお肉屋さんですき焼き用牛肉を買うと、
100gあたり、黒毛和牛で1000円~、ブランド牛だと1500円~くらい。
一方、今回は送料含めても1022円なので、価格の部分でもお得です。

数量限定ですが、うまか会員には優先で販売開始をご連絡します!
次の販売で是非お試しください。

・鹿角短角牛について詳しくは→こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする