久しぶりの田舎庵の鰻の蒲焼き

こんにちは。食文化の山城です。

毎年この時期になると夫は「鰻が食べたい!」となります。
そのためここ最近は父の日に合わせて(一応父の日ピークをずらして1週前に)
魚三でしたが、今年は久しぶりに田舎庵にしてみました。

なぜ私が魚三で頼んでいたのかというと、
価格差も少しはあるのですが、一番の理由は午前中に到着するからです。

滋賀県発の魚三は午前中に届くので昼食に食べられます。
一方、北九州小倉発の田舎庵は14時以降なので、夕飯になってしまいます。
我が家は夕飯でお酒メインなためでほとんど米を食べません。
なのでうな重にしようと思うとその翌日になってしまいます。
きっとそんなに劣化はないのでしょうが、
なんとなくネックになり魚三になりがちです。

さて、田舎庵といえば、あの林修先生の著書「寿司、うなぎ、天ぷら」で
鰻部門のベストのお店として紹介している名店です。

こんな感じの落ち着いた色味の包装紙。
手提げもついているので手土産にもぴったりです。

今回頼んだのは蒲焼き1折5枚入り
たっぷり入っています。

まずは夜のおつまみに。

バルミューダのトースターでスチームして温めると
パリッとしていて全くしつこくなく、お酒との相性抜群。
もちろん山椒はたっぷりめ。
タレは追加しなくても味はしっかりです。

平日は芋焼酎、週末はワインと決めているのですが、
これはさすがに焼酎でしょとなり。
大好きな吉永酒造の亀五郎と、その後は青酎に移行。

皮のネトっとしたコラーゲン要素が
芋焼酎でサラリと中和されます。

うーーん。おいしーーーい!

そして翌日の昼はうな重。

ごはんと食べるときにはタレを追加します。
これも山椒多め。
お酒ともいいけどやっぱりごはんとの相性は最高。

ちなみに、食欲未知数の子供たち、
2歳双子は見た目が好みでなかったためか一口も手を付けず、
小1長女は一口食べたものの、タレご飯の方が気に入ってしまい、
ごはんにタレをかけて食べていました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする