青森の青天の霹靂という米

青森県が10年の歳月を費やして開発した、新しい品種の米が青天の霹靂です。
試食用の米が届いたので、早速、炊いてみました。

夢の舞と青系157号のF1と青系158号(ふゆげしき×まっしぐら)の子供です。

粒はやや大きくて、もっちりした米で艶も良いです。
凄く特徴がある味というよりも、やや重ためのオーソドックスなうまい米です。
寿司というより、がっつりご飯を食べる!それもおかずと!という米です。
image
今日は定番の味噌煮込みうどんのサイド白飯にしましたが、
味噌出汁が染み込んだ油揚げとか、半熟卵がすごく合いました。
かなり固めに炊きましたが、固めの方が美味しいと思いました。
期待できる新品種なのは間違いないです。

・寒い冬こそ青森が旨い!小川原湖のシジミなど、特集ページは→こちらから
・日々の食卓に欠かせないこだわりのお米は→こちらから