マンゴー好きが狙うマンゴー!奄美大島の「完熟ミニマンゴー」

マンゴー好きが狙うその秘密を聞いた時、思わず感心してしまいました。
好きな人は目線が違います。

マンゴー好きが絶賛するマンゴー

奄美大島産 『完熟ミニマンゴー』

マンゴー好きは、一体なぜこの「ミニマンゴー」を狙うのか?

青果物=大きいものに価値がある。
そういった方程式で育ってきた私は、その理由を聞いて感嘆致しました。

その理由は・・「可食部分が多いから」

アップルマンゴーは果実の真ん中に平らな種を持ちます。
果実の大きさに比例してその種も大きくなるのですが、この「ミニマンゴー」。
種がペラペラです。

重量分のマンゴーがあるとしたら、その種の重さ分が当然ながら食べられない部分となります。
「ミニマンゴー」の方が、種の重量が少ない。しかも完熟。
コロッと小さいので、皮をむいてまるごと口に頬張れます。

これぞ通の楽しみ方。

マンゴー通予備軍の方々!奄美大島で作られた「ミニマンゴー」が入って参りました!
しかもこだわりの栽培方法、減農薬栽培品!

奄美大島産 完熟ミニマンゴーはコチラから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする