男の憧れ!骨付き塊肉「トマホーク」を撮影

こんにちは、食文化スタッフの山田です。

先日、当社代表 萩原の自宅に、大迫力の骨付き肉が届きました。
画像1
見るからに豪快!な塊の牛肉。
こちらはうまいもんドットコムでジンギスカンを販売中の、
東洋肉店さんの新商品、「トマホーク」です。

可食部だけで約750gの、リブロース肉の迫力はもちろんですが、
最大の特徴はやはり、この巨大な骨です。

牛の肋骨がそのまま塊肉に付いている姿が
北アメリカのインディアンが使う手斧の形に似ていることから
トマホークという名前がつきました。

萩原もこの笑顔です。
やはり男は、骨付きの塊肉に興奮するものなのだ、と実感します。
画像2
早速、スペースグリル600dを使って、
同じく東洋肉店さんの新商品「ラム・ロールスロイスラック」と一緒に、豪快に焼き上げます。
画像3
肉だけでなく、骨の部分もしっかりと焼きます。
こうすることで、骨から肉の内部にしっかり火が通り、
大きな塊肉を、焼きムラ無く仕上げることができるのです。
画像4
バーベキュー会場に持ち込めば、参加者の興奮は相当高まるでしょう。

・究極の骨付き肉「トマホーク」は→こちら
・名寄の東洋肉店のジンギスカンは→こちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする